「ホンダジェット」の売れ行きが好調なのだ。

2017の1~6月で24機を納入し、
小型ジェット機クラスでは、
米セスナを抜いて世界一となった。

ホンダジェットは最大7人乗り。、
価格は約5億4000万円でエンジンを
主翼の上に配置したデザインが特徴なのだ。

一度の給油で東京―北京間約2000kmを飛べるのだ。
燃費の良さなどが評価されている。

現在は米国で月4機のペースで製造している。
今後は月6、7機に引き上げる予定。

今日はここまで。

| | コメント (0)

秋到来なのだ。

季節は9月に入り秋到来なのだ。

夜の声は蝉から虫へと
変わっているのだ。

暑かった日の
夏の出来事も
花火とともに消えていき
思い出だけが残る。

聞いたようなせりふだが。

ビールも秋のタイプが
出揃っているのだ。

ビールで乾杯

今日はここまで

| | コメント (0)

ある言葉を言われて傷ついたとき

ある言葉を言われて傷ついたとき

あなたが納得しないなら受け取る必要はない。
投げかけられる言葉を全て受け入れる必要はない。
あなたには選択する力がある。

そして、「受け入れない」と自分が決めたのならば、
あとはもう、相手の問題。
自分がその言葉によって傷つく必要はない。

出典
 https://itmama.jp/2017/08/29/177483/

今日はここまで。

| | コメント (0)

会社四季報業界地図

会社四季報業界地図 を購入したのだ。

知る人ぞ知る本なのだ。

Img_0438_4

東洋経済新聞社
定価 1200円+税

知らない色々な繫がりがわかるのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

区域/地区/地域/地帯/地方 とは

区域(くいき)/地区(ちく)/地域(ちいき)/地帯(ちたい)/地方(ちほう)

【1】「区域」は、
    工場の敷地の一区画など、ごく狭い範囲に
    ついて用いられることが多い。

【2】「地区」は、
    ある目的から人の居住する土地を人為的に
    区分してとらえた場合に用いられることが多い。

【3】「地域」は、
    自然条件や地勢など、なんらかの意味で共通する
        ひとまとまりの範囲を限定していう場合に用いられる。

【4】「地帯」は、
    ある共通の特徴を持って連続している範囲を
         いう場合に用いられる。

【5】「地方」は、
   「関西地方」「東北地方」のように、国内のひとまとまりの
      範囲をさして用いるほか、「地方の工場へ転勤する」
     「地方政治」のように、首都などの大きな都会以外の
      地域をさしていうこともある。 

  Photo

参考文献
 goo辞書より
 https://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/13827/meaning/m0u/

今日はここまで。

| | コメント (0)

今日は空の日

今日は空の日だそうだ。

経緯は詳しくないが
昭和15年に制定した「航空の日」(戦後、昭和28年に復活)を
運輸省航空局が平成4年に「空の日」とした。
明治44年9月20日に山田式飛行船が滞空時間1時間の
東京上空一周飛行に成功した事を記念したものだ。

空の旬間が今日からの10日間始まる。
各地の空港で催し物が行われる。
今年もいけなかったが、
飛行機を触ってみたいものである。

とにかく記念日なのだ。
ビールで乾杯。

尚、今日はバスの日、お手玉の日でもある。

今日はここまで

| | コメント (0)

iPhoneのメモ帳

メモ帳も使い方次第なのだ。

WEBサイトなど保存したい時は
スクリーンショットか
アドレスのコピーが必要。

メモ帳に
写真をコピーしてペースト
アドレスもペースト
文章もペースト
他の文章の書き込みもOK

コピー出きるものは
なんでも記録できるのだ。
シンプルで便利なのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

ホームページのキャプチャー

ホームページをキャプチャーするとき
Printscreenを使用するのが簡単だが
画面表示部分だけなので全体が撮れないのだ。

そこで紹介するのが
Awesome Screenshotなのだ。
ホームページの縦の部分で
表示されていないところまで
キャプチャーできるのだ。

インストールおよび使用方法は下記WEBを
参考にしていただきたい。

  https://dayscreator-hitomi.com/2015/11/08/awesome-screenshot-howtouse/

キャプチャーしたファイルに
注釈など書き込むこともできるのだ。

ただ、CHROMEに追加する形なので
IEでは使用できない。

今日はここまで。

| | コメント (0)

ブルーインパルスが来たのだ。

ブルーインパルスが来たのだ。

 飛行高度は、1900~7000フィート(580m~2133m)
 ブルーインパルス(T4) 6機

Bip

Bip1

Bip2

うまく撮れなかったのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

懐かしい漫画を見つけたのだ。

懐かしい漫画を見つけたのだ。

はるか昔、雑誌GOROに掲載されていた
青春の尻尾 をネットとで見つけたのだ。
探し続けていたのだ。

もう、42年も前の漫画なのだ。
すべてを読み直したのだ。
思い出がすごいのだ。
わが青春時代だったのだ。

青春の尻尾
原作 小池一夫
作画  平野仁

故郷を出て仙人を目指す旅をする若者・終無為。
「悲しいときには涙し、くやしいときには怒り、
生きることに情熱を燃やす。
友を裏切らず美にあこがれ嘘をつかず、
だまさずに信ずるものには命をも賭ける。
成人になれば失うはずのその青春の心を、
成人になっても失わずに尻尾としてぶら下げておる」と、
ようやく会えた天上界の者から何百万人に
一人の逸材と評される――後の名を諸葛亮孔明。
「サハラ」「少年の町ZF」といった名作を
生み出した小池一夫&平野仁のコンビによる
破天荒な三国志外典!
「GORO」(集英社)1975~78年連載作品。

今日はここまで。

| | コメント (0)

«なぜパソコンを自作するのか。