« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

FSXで飛ぶのだⅣ

以前にEclipse500・FSXタイプを
待っている話を書いたが
FS2004の機体がFSX使用できるとの
WEBを見たのだ。

ただ、詳しく書いていないので
確認中なのだ。

FS2004でのEclipse500が
とりあえずFSXで表現できれば
FSX専用で画像でなくても良いのだ。

WEBを確認するのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

フリーソフト

ソフトは通常購入するものだが
フリーソフトという無料で
使用できる物が有るのだ。
(使用できるのが無料であり著作権は存在するのだ)

有名なフリーソフトのデーターベースは
窓の杜とVectorだと思う。

マニアックなソフトが多いが
痒いところに手が届く感じが良いのだ。

私が使っているもので
画像では Vix・JTrim
テキストエディターではTeraPad
その他色々と使用しているのだ。

当然、FSX・FS2004でも
フリーソフトがあるのだ。
(ただ、英語版なのだ。)

使い方しだいなのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

FSXで飛ぶのだⅢ

FSXの楽しみ方の一つは
以前も書いたが空港を作る事なのだ。

作成ソフトが必要なのだが
店舗では売っていないのだ。
フリーソフトが多いのだ。

この、FSX用空港作成ソフトについて
何の情報も無いのだ。

FSXは視点について新しい方法を
取り入れているとの事であるが
新しくできる事、やり方について
情報が無いのだ。

再び、WEBにて探すしかないのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

FSXで飛ぶのだⅡ

FSXには色々な楽しみ方があるが
私の目標の一つは国内空港の制覇なのだ。

機種はEclipse500という
6人乗りのビジネスジェット機だ。
B737がベストなのだが
地方の1000mにも満たない小さい空港が
有るので降りれないのだ。

FS2004では、沖縄・南西諸島を制覇したのだ。
FSXで再度アタックしようとしているのだ。

ここにも、問題ありだ。
FSXで使えるEclipse500の機体が無いのだ。

海外サイトのFlightSimとかAVSIMで
探しているのだが無いのだ。

飛び方に慣れているので機種は
変えたくないのだ。

かといって
FS2004を使い続けるのもね。

早く、Eclipse500・FSXタイプが
UPされるのを待つしかないのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

FSXで飛ぶのだ。

FSXで19インチのモニタ3面なのだ。

問題ありなのだ。
これが、結構疲れるのだ。
首が疲れるのだ。

意外とシングルモニターが
良いかもしれないのだ。

マルチモニターで画面が広いことは
見る範囲が広いのだ。

疲れない飛び方を研究するのだ。

今日はここまで

| | コメント (0)

花粉症なのだ

花粉症の嫌な季節が
やってきたのだ。

昨日のニュースでは
今年は凄いとの事で
早ければ来週から飛散との事だ。

いつもは
早めに予防で病院へ行くのだが
忙しくて行けないのだ。

でも、来週は行くのだ。

花粉症は4月まで続くのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

FSXでトリプルモニター3

トリプルモニターでの縦画面を
うまく繋げる方法は知っているのだ。

Matrox のDualHead2Go なのだ。
19インチのモニタ3台で、
最大解像度 3840 x 1024 に対応なのだ。
モニター3面で45インチ相当なのだ。

シングルグラフィックで
マルチモニターが出来るのだ。
これなら「ずれ」は無いのだ。

ただ、高価なのだ。
FSXのために投資をして良いものか
考えてしまうのだ。

もう少し、研究をするのだ。

今日はここまで

| | コメント (0)

FSXでトリプルモニター2

トリプルモニターでのFSXは
リアリティが凄いのだが
うまく画面が繋がらないのだ。

動きによって画面縦方向に
ずれが生じるのだ。

FSXがPCIカードを認識しないために
設定が出来ないのだ。

やはり、トリプルモニターは
別々の画面を割り当てるしかないか。

もう少し、研究が必要なのだ。

今日はここまで

| | コメント (0)

FSXでトリプルモニター

FSXでトリプルモニターを使うと
リアリティが凄いのだ。

ただ、視野が広いので
近くでは見れないのだ。
目というより、首が疲れるのだ。

画面から数m離れると全体よく見えるが
計器の細かい画面が良く見れないのだ。

結局、3画面を繋げるのでなく
別の画面を割り当てた方が良さそうだ。

もう少し、どの様な状態で飛ばすか
何を表示させるか検討が必要なのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

MRJの話Ⅱ

三菱重工業が80-90人乗りクラスの飛行機を
計画している事は以前に書いた。

ANAとJALがこの飛行機の導入について
本格的な検討を始めるとの事だ。

ANAは2010年以降の地方路線導入について
調達台数も含めて判断するとの事で
今年度内に結論を出すとの事だ。

三菱重工業は、マーケッティングリサーチ中なのだが
3月までには製造するかどうかの判断をするとの事だ。

ANAとJALが採用となれば計画が前進するのだ。

YS-11以来の国産機誕生に期待できるのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

トリプルモニターⅥ

昨日、トリプルモニターの
いきさつを書いた。

VISTAでベストを求めるには
やはりPCI-EXPを2個搭載かチップセットG33の
グラフィックオンボードしかないと思うのだ。

PCIやUSB
(USBで画面表示が可能な事をはじめて知ったのだ。)で
トリプルが出来ても画質が落ちるのだ。

やはり、それなりに投資しないと
いいものは手に入らないのだ。

ただ、今回は技術的に出来たので
満足なのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

トリプルモニターⅴ

トリプルモニターには苦労したのだ。

用意したグラフィックカードはPCIなのだ。
バッファローのGX-6200/P128D だ。
NVIDIA GeForceTM 6200 だ。
PCIーEXPの8600と同じNVIDIA なのだ

まず、
 PCIーEXPの8600で2画面の正常起動を確認。
 基板をセット、電源をON。
 PCIから起動、正常認識。
 8600の画面が出ず。

 システムのプロパ
 PCIーEXP8600に変なマーク。
 ?Xでは無い。
 8600のドライバーは正常だが動いていない。

 BIOSより、PCIーEXPを優先起動設定。
 起動途中でブルー画面、再起動の繰り返し

 PCIスロットを変更。
 変化なし。

ここまで6時間費やし月曜日は終了。

水曜日、
 8600のユーティリティー・ドライバーの削除実施。
 エラーで不可。
 セーフモードよりユーティリティー削除を実施。
 再起動後3画面が出た。

やっと出来た。

結局、8600のユーティリティーソフトの影響だと
判断したのだ。

ただ、肝心のFSX起動時に、PCIが基準に
達していないとの事で起動せず。
2画面で起動して、途中で3画面にしているのだ。
もっと、調整が必要なのだ。

でも、3画面でのフライトはすごいものだ。
リアル感が全然違うのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

パソコンの裏側

皆さんは、パソコンの後ろを
見た事があるだろうか。

パソコンが沢山あると
配線も大変なのだ。
特に、マウス、キーボードなどが
外れた場合など大変なのだ。

普段から、わかりやすくしているのだが
乱雑になってしまうのだ。

無線で繋げる方法も有るが
電源コード、映像コードなどは難しいのだ。

今は、冬なのでいいが
夏はもっと、大変なのだ。

今日はここまで。

Haisen

| | コメント (0)

宇宙を飛ぶ紙飛行機

国際宇宙ステーションから紙飛行機を
地球に飛ばす計画があるそうだ。

面白い計画だ。
高度約400キロの国際宇宙ステーションから
船外活動中の宇宙飛行士に投げてもらうそうだ。

すると、重力で地球に向かう(落ちる)のだ。

通常は隕石のように大気を通過中に
燃え尽きてしまうが、耐熱性・強度を高めた
超越紙を使うことで温度とスピードを乗り切るのだ。

計画している東大での実験では
約8センチのスペースシャトル形折り紙飛行機は
マッハ7・秒速1.2キロの高速気流に
12秒間耐えたとの事だ。
実際は長さ30-40センチ・重さ30グラム以下の
紙飛行機を使うとの事だ。

ただ、大気を無事に通過したとしても、
地球のどこに着地するのだろうか。

偶然に、陸地・日本に着く事は皆無かもしれない。

でも、面白いのだ。
この発送が面白いのだ。
色々な事を考える人がいるものだ。

紙飛行機が宇宙を飛ぶのだ。
夢があっていいのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

納期・ボーイング787Ⅱ

以前に、ボーイング787の納期について書いた。

納入が2008年5月から年末にずれ、1号機購入予定の
ANAは中国オリンピック用に使用できなくなったのだ。

この、ボーイング787の納期が再び遅れるとのことだ。
納入は2009年になるとのことだ。

納期管理のシステムがうまく作動せず
各国で製作していてる部品の品質・納期が
合わないとのことだ。

このような、遅れは、A380でも生じており
違約金・キャンセルの事態まで
引き起こしているのだ。

またしても、天下のボーイングまでもが
再度の納期遅れとは困ったものだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

トリプルモニターⅣ

トリプルモニターが出来たのだ。

グラフィックカードはPCIだ。

日曜日から今日までかかったのだ。
やり方などは、後日。
やっと出来た。

うまくいったのは
 DIYの製作は
 決してあきらめない。
 しつこく、原因を考える。
 納得するまで、細かいことも実施。
 根性

だね。

もう寝るのだ。

今日はここまで。

Fsx

FSXでの飛行画面

| | コメント (0)

空の上の雲

今回の田舎行きは
天候が良くなかったのだ。

だが、そのおかげで
雲をじっくりと観察できたのだ。

雲とは不思議な物なのだ。
下から見ると平坦に見える雲も
上から見ると(近づくと)結構ぼこぼこなのだ。

又、地上は晴れていなくても
雲の上は晴天なのだ。

日差しを感じるのだ。

今日はここまで。

Air3

| | コメント (0)

航空券の話

昨日13日に田舎に日帰りしたのだ。

田舎が何処かは言わないが
飛行機で日帰りできる場所なのだ。

インターネットで予約し航空券を
購入したのだが手元に来たのは
1枚の紙だったのだ。

往復の時間が印刷してあるだけで
以前の航空券ではないのだ。
ただ、2次元バーコードが印刷されていたのだ。

いわゆる、スキップサービスだそうだ。
印刷された2次元バーコードで
スピードアップと便利さを図るとの事だ。

検査所でバーゴーを読み込ませると
名前、行き先、搭乗口など登場案内の
詳細の紙が出てくるのだ。
これは、良いかもしれない。

次に、搭乗口で再度読み込ませると
搭乗券が出てくるのだ。

この方法は、携帯などでも可能らしい。
実際に、使ってみて
以前に比べて、少しは早いのかなの感じなのだ。

便利では有るが、インターネット・携帯での
申し込みができないとスタートしないのだ。

一般の人については、敷居が高いかもしれない。

今日はここまで。

Air1

行きの飛行機より

Air2

帰りの飛行機より
画面真ん中の主翼上をよく見るのだ。
何かが見える。

| | コメント (0)

羽田D滑走路

羽田空港でD滑走路(2500m)を
(4本目の滑走路で現在の
  A・C滑走路の南東・多摩川方向 )
建設中だが、土台の一部が完成し
設置されたのだ。

この、D滑走路は埋め立部分と
橋状の土台部分なのだが
今回は橋状土台が海底の鉄の
基礎部分に据え付けられたのだ

D滑走路ができると発着回数が
飛躍的にアップするのだ。
羽田から、近隣諸国への
国際線出来るとのことだ。

これに合わせて、今の管制塔では
D滑走路が見えないために移動する
とのことだ。
新管制塔は高さ約100mになるのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

月探査かぐやのお話No15

かぐやの後継機の内容が決まったのだ。

2010年代中ごろまでに月面着陸の
無人探査機の打ち上げとのことだ。

凄いね。
今度は月着陸だよ。

月探査は他の国も打ち上げており
世界的に競争が凄いのだ。
日本の着陸探査技術を生かせる
無人機探査機を決めたようだ。

月面を掘削し土壌の詳しい情報を探る構想だ。

将来の有人活動につながる話もあるのだ。

話が大きいが日本の技術ならば
必ず、成功すると思うのだ。

月面サンプルの採取もイトカワの技術も
使えば可能なのだ。

期待するのだ。

今日はここまで。

2

かぐやの後継「セレーネ2」の着陸想像図
宇宙航空研究開発機構

| | コメント (0)

HDDレコーダー

2台目のHDDレコーダーを
昨年末に入手したのだ。

これで、年末年始番組と
1月度の新番組を録画しているのだ。

2台なので時間の重複を
気にすることがないのだ。

とても重宝しているのだ。
何事も、2つあると便利なものだ。

この、影響で、VHSのデッキが
システムから外されたのだ。

だが、VHSテープがあるので
現役では在るのだ。

昨日の、新規格DVDではないが
技術のスピードは速いものだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

会社もダブルモニター

会社でもパソコンを常時使用しているのだ。
この会社のモニターをデュアルにしたのだ。

同時に2画面を見たいことが
頻繁に有るのだ。

今までは、CPU切り替え機で
モニター・マウス・キーボードを
切り替えていたのだ。

そこで、デュアルモニターなのだ。
仕事の能率も、アップ間違いなし?

ただ、キーボート・マウスは
1台を切り替えて使用しているのだ。

問題は、色温度の調整がうまくいかないのだ。
色とコントラストが微妙に違うのだ。
調整したのだがうまくいかないのだ。
赤っぽい白と、青っぽい白なのだ。
両方とも、色温度は6500なのだが。

今日はここまで。

| | コメント (0)

月探査かぐやのお話No14

月探査衛星かぐやが月の地下観測に成功したのだ。

かぐやが搭載したレーダーサウンダーという
観測装置を使用して月面地下にある地層観測に
成功したのだ。
月が現在に至るまでの進化の解明に役立つとの事だ。

また、搭載するレーザー高度計で、垂直方向で5メートル
水平方向2キロ間隔の観測精度で月の凹凸を
測定できるとの事だ。

これは、米国の月探査機「クレメンタイン」の精度よりも
精度が良く月面の詳細な地形図の作成ができるのだ。

凄いね。

観測も、本領発揮だね。
さすが、日本の技術なのだ。

これからも、色々な観測に期待ができるのだ。
楽しみだね。

今日はここまで。

| | コメント (0)

DVD規格争い

今、次世代DVDの規格争いがある。
ソニーなどのブルーレイ・ディスク、東芝などのHD-DVDだ。

今日のニュースで
ワーナー・ブラザースに続く映画大手のパラマウントが
HDからブルーレイ・ディスク(BD)へ切り替えるとの事だ。

結果が出たかもしれない。

昔のVHS-ベータマックスと同じで、
ソフトを多く販売したほうが勝ちというわけだ。

当然、勝ち馬に乗る話から
雪崩ごとく決まるものだ。

HD-DVDを買った人が困らないよう
対応してもらいたいものだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

冬の飲み物Ⅱ

以前、冬でもコップに氷を入れて
ビールを飲んでいる話を書いた。

今でもこの方法で飲んでいるのだ。
冬でも、(もちろん夏も)ビールは美味しいのだ。

冬でもどんどんビールの
コマーシャルは流れているのだ。

ビールは、通年の飲み物なのだ。
乾杯にも使うのも通常はビールだ。

何しろ、回転が速い。
ビールで二日酔いはなかなか無いと思うのだ。

ビール党に乾杯。

美味しい。

今日はここまで。

| | コメント (0)

ブログを本にするのだ

このブログには「ココログ出版」が有るとの事だ。

1冊からでも本に出来るそうだ。

凄いね。
自分の書いたブログが本になるのだ。
まるで、作家の気分かな。

価格だが、カラーの場合で
ソフトカバー・ページ数80ページ(40枚)
3,770円との事だ。
寸法はヨコ137×タテ188mmとの事。

さて、9/7より今日までは123日。
本にするにはまだ早いかな。

最大448ページ(16,282円)まで待つか。

何か形にしたい、本にしたいのは本当なのだ。

今年の9/7まで1年間継続できたら
本にするのだ。

一冊でいいのだ。

ただ、誰にも見せないのだ。
自分のだけのものだ。

今日はここまで。

 「ココログ出版」
   http://click.nifty.com/9317/j-jrXrJJm0zwqjktZX

| | コメント (0)

新技術の話Ⅱ

合成音声。

皆さんは駅の案内を注意して
聞いたことが有るだろうか。

ほとんどが、文章を細切れに録音して
後からひとつの文章にまとめて
流されているそうだ。

これは、あらかじめ録音しておくものが多く
自然さに限界があったのだ。

今回、NHKが合成音声による
ラジオ番組放送を始めるとの事だ。

録音データを利用して、どんな文章でも
自然な音声を合成できる技術を開発したのだ。

凄い事だ。
ホームの案内などより自然に聞こえるだろう。

だが、いつもの心配だ。
悪用が出来るのだ。

色々な分野に応用が利くと思うが
悪用が出来るのだ。
この対応も必要なのだ。

大事な技術は悪用対策も必要だといつも思うのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

トリプルモニターⅢ

トリプルモニターなのだ。
検討中なのだ。

グラフィックカードに
何を使うかなのだ。

  PCI-EXP・AGP・PCI

PCI-EXPが2基搭載のマザーに替えるか。
現行マザー(P35チップ)で行くか。
迷っているのだ。

3番目のモニターへの入力はアナログなのだ。

PCI-EXP ( アナログ ) ⇒ 切り替え機 ⇒モニター
お金をかけるだけの画面になるのかな。
画質は。
安いPCIカードでも十分だと思うのだが。
そうだよね。画質がね。

迷っているのだ。

迷ったときの言葉
 欲をなくせば迷いが消える

う-ん。

今日はここまで。

| | コメント (0)

今年のPCは

今年のPCはどうしようかなのだ。

まず、トリプルモニターである。
次に、DVD用PCのマザーとCPUを変えたいのだ。
普段使用のメール・ブログ更新用のPCもアップ
したいのだ。

1台アップすると
それを別のPCにお下がり式に移行するのだ。
そうすると、全体的にレベルアップするのだ。

ただ、マザーが変わるので、
クリーンインストールが必要なのだ。
そのためには、準備が大変なのだ。

インストール済みソフトのチェックが大変なのだ。
元のソフトを確認しておかないと
再インストールできないのだ。

OSのインストールは意外と簡単なのだ。
後のアプリが大変なのだ。

CDにリストは作ってあるのだが
それぞれアップグレードしているので
結局、毎回確認してマスターの
プログラム一覧を作るのだ。

再インストールするにも
事前準備が一番大変で重要なのだ。
又、面倒くさいのだ。

さあ、準備をするか。

今日はここまで。

| | コメント (0)

襷をつなぐⅡ

今日は箱根駅伝の復路だ。

今日も、襷が途絶えた学校があった。
今年は3校にもなったのだ。
それも、優勝候補の一流校だ

昨日も書いたが
仕方ないのだ。
次を頑張ればいいのだ。

本人は、残念かもしれないが
仕方ないのだ。

これが、駅伝なのだ。

それにしても
普段、練習ではなんの無理もなく
走れる距離なのだ。
毎日走っているのだ。

何故、このような事が起こるのだろう。
これが、箱根駅伝の難しさであり
克服する目標なのかもしれない。

ただ、走る事なのだが
難しいものだ。

たかが、駅伝。されど、駅伝。

選手のみんなに感謝なのだ。
ご苦労様なのだ。

来年に期待しているよ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

襷をつなぐ

襷をつなぐ。

箱根駅伝往路が今日行われた。

いつも思うが
駅伝での襷とは何だろか。
これをつなぐ為に走っているのだが。

優勝も、シード獲得も襷をつないだ結果なのだ。

今日も、襷をつなげられない学校があった。
見ていて、涙が出てきたのだ。

      もう 走らなくいいよ。

選手の体調を考えると
ドクターストップは当然で有ろう。

本人は走りたいで有ろうが
無理をさせる事はないのだ。

確かに、襷をつなぐ事は大事だが
走ることは、それ以上の価値を
与えていると思うのだ。

この選手は悪くはないのだ。
又、思う事もないのだ。

3年生だから来年頑張ればいいのだ。
今回を糧として頑張ればいいのだ。

明日、復路が有る。

どの様なレースになるか楽しみだ。

各選手は普段の実力が出せればいいと思うのだ。
頑張れ選手たち。

今日はここまで。

| | コメント (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も、宜しくお願いいたします。

さて、今日から、2008年なのだ。

今年は
パソコンの話
FSXなどゲームの話
飛行機の話
科学の話
田舎の話
などなど色々と書いていくのだ。
宜しくお願いしたいのだ。

今年もがんばっていくのだ。

今日はここまで。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »