« 文化の日 | トップページ | リカバリーディスクを作ろう »

再度 考え方・コップに半分の水がある

再度 考え方・コップに半分の水がある

英語ではGlass Half Empty or Half Full? という
定番の言い回しになっている。
ジョージ・バーナード・ショーの格言から。

 
 喉が渇いているものの前に
 「コップに半分の水」があったとき、
 「わ~、まだ水がコップに半分もある……」と、
  喜びの中でこれを味わうか、
 「え~、もうコップに水が半分しかない……」と、
  不安と心配の中でこれを飲むか。
 
  つまり、水の量をどう評価するか。

ポジティブ とネガティブ
プラス思考とマイナス思考か。

意外と日常でも同じようなことについて
気が付かないで判断していると思うのだ。

どちらで考えるか人それぞれではあるが
難しいのだ。

今日はここまで。

|

« 文化の日 | トップページ | リカバリーディスクを作ろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。