« グロリア・スタイネムの名言 | トップページ | 自然体が一番 »

中学の思い出 男子100m 

陸上の日本学生対校選手権男子
100メートル決勝で桐生祥秀選手が9秒98をマークしたが
実を言うと私も中1のころは
八丈島4校中学校記録大会の
学年別男子100mに出るくらい足が速かったのだ。

大会本番ではスタート良く早く抜け出したのだが
いい調子で走れたと思ったとき
ゴールまで後10mぐらいで隣のコースのS・Mに
あっという間に抜かれ負けたのだ。

それから3年間同じく彼と走ったが
私はトップにはなれなかったのだ。

今日はここまで。

|

« グロリア・スタイネムの名言 | トップページ | 自然体が一番 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。