« Windows10とAirport Design Editor 1 | トップページ | Windows10とAirport Design Editor 3 »

Windows10とAirport Design Editor 2

ADEの初期設定について

設定方法
1.FSX-SDKのインストール
 FSXのDVDよりFSX-SDKをインストール
 FSX-SDKをSP1Aより先にインストールしておく
 私の場合は、FSX-Accelerationなので
 FSX-SDK-SP1AはこのDVDよりをインストール。
 (PDFのリーダーもインストールしておく事)

2.バージョン1.6からEnvironment Checkerが同梱されないので 
 メニュー⇒Settings⇒Options
 FoldersのFindタブをクリックで自動で登録される。
 プログラムのディレクトリーを設定
 ADE本体
 FSX本体
 FSX-SDK
  
3.ADEを起動してSetting →Option →Foldersで
 各ディレクトリーが正しいかを確認。

チェック
1.既存のBGLデーターを読み込み正常表示を確認
2.データーをADEファイル形式にて保存
3.保存したADEファイルを読み込み
 →NEW-BGL形式にて保存
4.NEWBGLを開いて正常表示を確認。

今日はここまで。

|

« Windows10とAirport Design Editor 1 | トップページ | Windows10とAirport Design Editor 3 »

FSXとFS2004」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。